視界が良好に見えるドライビングポジションの高さと視点の高さ

自動車を運転する時に、運転のしやすやしにくさを左右するのは、運転席からの周囲の見やすさです。ドライバーが周りを見やすいだけで、運転に余裕が生まれます。特に運転が苦手な人には、視界が広いだけでなく、視点が高いドライビングポジションの車種を選ぶことをオススメします。視界が広くて視野が高いクルマというのは、運転中に前車の更に先の状況が見えるので、前車が急にブレーキを踏んでも、その前で何が起こっているのかが見えているために、慌てることがないのです。また、交差点での自転車や歩行者の巻き込みを防ぐためにも、ドライバーのポジションから見やすいことは重要です。確認が楽にできると、確認ミスが減り、安全運転に寄与しますし、その後の運転も落ち着いてできるからです。この見やすさに特に優れたクルマは、ミニバンと言えます。ミニバンは車高が高いモデルが多い分、ドライバーのポジションが高めになるので、道路上での周囲の見やすさが他の車種よりも優れています。セダンなどの車高が割と低くなるクルマでは、ドライバーのポジションも低いために、前方の確認がしにくくなってしまいます。そういう点でミニバンは、運転がしやすいクルマと言えるのです。

コメントは受け付けていません。